温泉と名乗るには、「温泉法」という法律で定められた条件を満たす必要があります

温泉の定義

温泉法は、昭和23年7月10日に温泉の保護等を定めた法律になります

温泉とは

地中から湧出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)で、次に掲げる温度または物質を有するものと定義されています。

源泉温度が25℃以上であること

物質名 含有量(1㎏中)
溶存物質(ガス性のものを除く) 総量1,000㎎以上
遊離炭酸 250㎎以上
リチウムイオン 1㎎以上
ストロンチウムイオン 10㎎以上
バリウムイオン 5㎎以上
フェロ又はフェリイオン 10㎎以上
第一マンガンイオン 10㎎以上
水素イオン 1㎎以上
臭素イオン 5㎎以上
沃素イオン 1㎎以上
ふっ素イオン 2㎎以上
ヒドロひ酸イオン 1.3㎎以上
メタ亜ひ酸 1㎎以上
総硫黄 1㎎以上
メタほう酸 5㎎以上
メタけい酸 50㎎以上
重炭酸そうだ 340㎎以上
ラドン 20(百億分の1キュリー単位)以上
ラジウム塩 1億分の1㎎以上
Copyright (C) 2017 温泉の泉質と効能情報. All Rights Reserved.